読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a 無印良品

コラム・日記

 

先週くらいにブログデザインを少し編集した。元々ブログのデザインテーマやフォントは変更してあったのだが、ページの右下にTOPに戻るボタンを配置したり、埋め込んであるYoutubeの動画の読み込みを軽くする方法を試したりした。地味に楽しい。自分でもデザイン編集できるようになったらいいな。

 

ブログデザインはこちらの「Brooklyn」を使用している。

shiromatakumi.hatenablog.com

 

ページトップに戻るボタンの作り方はこちらを参考に設置した。ページをスクロールする右下に現れる「TOP」というボタンがこれだ。

nohack-nolife.hatenablog.com

 

 

 ついでに、今までのブログの文章の行間スペースを調整した。記事を見返したら、行間が場所によって1行空いていたり、2行空いていたりしてめちゃくちゃだったからそれを直したのだ。そういえば、昔から肝心なところが大ざっぱで、紙のノートやワードに書いた文章の行間スペースや段落がズレていることがあった。中学生くらいの時に、自分のノートを見返したらとても読みにくくてしょんぼりした覚えがある。その後、見やすいノート作りを意識したら「わかりやすいノートの取り方の例」として自分の英語のノートがクラスで紹介されたことがあって少しだけ嬉しかった気がする。確か、英語の本文と訳のページを左右で対応する配置にして、わからない単語をリストにしてまとめたり、品詞によってペンの色を変えたりしたのだ。シンプルにまとめられたデザインや文章は美しくて見やすい。そして、意図が伝わりやすい。だから今回直したみたいに、たかがブログの行間ひとつ整えるだけでも見やすさや伝わりやすさは変わると思う。

 

実は、ブログに書こうと思ったことがいくつかあって、下書きばかり量産している。文章をまとめきれない。自分の大ざっぱさにも懲りているが、何もかも途中まで手を付けて手に負えなくなってしまうことも多くて、呆れる。書きたい文章を簡潔にまとめて、わかりやすく伝えるのは大切なことだ。これも、さっき言った「シンプルなデザインや文章が見やすくて伝わりやすい」という話と同じだ。しかし、シンプルで簡単なデザインや文章を作るというのはすごく難しい。どこまで書き、どこを省略するかをよく考えなくてはいけないからだ。書きたいことをまず適当に書き連ねてから、どうやってまとめていいかわからなくなる。どうしたらわかりやすくなるのだろう。考えたあげく、無印良品の製品みたいにシンプルにありたいなと思った。あるいはダイソンの掃除機みたいに。少し違うかもしれないが、無印良品の特に家電やダイソンの掃除機は、必要最低限のデザインだけで勝負しているからだ。ただ、無駄なデザインを省くと時にダサく見えることもある。デザインを省きすぎて、何に使うかわからなくもなってしまうかもしれない。さじ加減がすごく難しい。シンプルでわかりやすくて、かっこいいってすごいことだ。

 

余談だがブログを書く以外のことで放置してる趣味をまとめた。

みんなやりかけて放置してある(楽器はしばらく弾いてないだけ)。こういう創作活動の領域でも何を盛って、何を削ぐかで悩むことがある。この難しさって、何にでも言えることなのかもしれない。

 

もうグルジアと呼ばないで

テレビ コラム・日記

 2016年夏、リオ五輪をテレビで見ていた。

柔道の試合に「ジョージア」という聞きなれない国の選手が出てきた。出場選手の名前の横の国旗を見ると、白地に赤い十字の模様、その余白にまた赤い4つの十字架みたいなものがついててかわいい。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0f/Flag_of_Georgia.svg/320px-Flag_of_Georgia.svg.png

ウィキペディアコモンズより)

続きを読む

どうしてもある仕方ないこと

コラム・日記

人が何をしてようが気にならないけど、やだなぁって感じることがどうしてもあって、それで嫌だなぁと思う。

いつもネガティブなことを言ってた昔の友達は、そういえばいつもウダウダ言ってるだけだった。

なーんだ、やってて楽しいこともあるから一緒にくすぶることもないのに、って急にひらめく。

それでも、なんだかやな気持ちになって嫌だなぁといつも思う。

人か、それとも自分の心のほうか、どっちが悪いかすら、最近よくわからない。

なんだよ、いつもはそうしないくせに、自分だってよ、自分だって、と振り上げたこぶしをそっと元に戻して、何ごともなかったかのようにする、みたいなことがどうしてもある。

これでいいのかと思って眠れないことがあっても、忘れる。

 

 

LISA

ゲーム 感想・考察

LISAというシリーズのゲームをやったので簡単な紹介と感想を書きました。主に2,3作目についての記事です。紹介は大きなネタバレなしで、後半の感想からネタバレありの内容です。

ゲーム紹介

LISAシリーズはLISA the first,LISA the painful,LISA the joyfulの3部作のゲーム。1作目はフリー(無料)で配信中で、2.3作目はSteamで購入できる。

続きを読む

ニャンニャン

コラム・日記

 

 暮らしの中で思うことなどがうまく整理できず、なんとなくモヤモヤとしたまま過ごしている理由に「アウトプット不足」があった。 ツイッターをなんだかんだ続けていて、常に何かを呟くけれど、140文字以内のなんともない"呟き"であって、意見だとか考えたこととかそういったものを言う機会がない。最近は、友人と会って話すこともあまりなくなった。明らかに感情や学びのアウトプットが減っている。というわけで、長文が書けるブログを作った。 感情や学びのアウトプットが減っている場合はブログを書いたり、日記を書いたり曲を作ったり何かしてみるといいと思う。

 

続きを読む