読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 -Like a 無印良品-

 

先週くらいになんとなくブログデザインを編集した。元々ブログのデザインテーマやフォントは変更してあったのだが、ページの右下にTOPに戻るボタンを配置したり、埋め込んであるYoutubeの動画の読み込みを軽くする方法を試したりしているがこれが、地味に楽しい。いつか自分でもデザイン編集できるようになったらいいな。

 

 

今、ブログデザインはこちらの「Brooklyn」を使用している。モノクロでシンプルなデザイン。

shiromatakumi.hatenablog.com

 

ページトップに戻るボタンの作り方はこちらを参考に設置した。ページをスクロールする右下に現れる「TOP」というボタンがこれだ。

nohack-nolife.hatenablog.com

 

 ついでに、今までのブログの文章の行間スペースを調整した。記事を見返したら、行間が場所によって1行空いていたり、2行空いていたりしてめちゃくちゃだったからそれを直したのだ。そういえば、昔から肝心なところが大ざっぱで、紙のノートやワードに書いた文章の行間スペースや段落がズレていることがあった。中学生くらいの時に、自分のノートを見返したらとても読みにくくてしょんぼりした覚えがある。その後、見やすいノート作りを意識したら「わかりやすいノートの取り方の例」として自分の英語のノートがクラスで紹介されたことがあって少しだけ嬉しかった気がする。確か、英語の本文と訳のページを左右で対応する配置にして、わからない単語をリストにしてまとめたり、品詞によってペンの色を変えたりしたのだ。シンプルにまとめられたデザインや文章は美しくて見やすい。そして、意図が伝わりやすい。だから今回直したみたいに、たかがブログの行間ひとつ整えるだけでも見やすさや伝わりやすさは変わると思う。

 

実は、ブログに書こうと思ったことがいくつかあって、下書きばかり量産している。文章をまとめきれない。自分の大ざっぱさにも懲りているが、何もかも途中まで手を付けて手に負えなくなってしまうことも多くて、呆れる。書きたい文章を簡潔にまとめて、わかりやすく伝えるのは大切なことだ。これも、さっき言った「シンプルなデザインや文章が見やすくて伝わりやすい」という話と同じだ。しかし、シンプルで簡単なデザインや文章を作るというのはすごく難しい。どこまで書き、どこを省略するかをよく考えなくてはいけないからだ。書きたいことをまず適当に書き連ねてから、どうやってまとめていいかわからなくなる。どうしたらわかりやすくなるのだろう。考えたあげく、無印良品の製品みたいにシンプルにありたいなと思った。あるいはダイソンの掃除機みたいに。少し違うかもしれないが、無印良品の特に家電やダイソンの掃除機は、必要最低限のデザインだけで勝負しているからだ。ただ、無駄なデザインを省くと時にダサく見えることもある。デザインを省きすぎて、何に使うかわからなくもなってしまうかもしれない。さじ加減がすごく難しい。シンプルでわかりやすくて、かっこいいってものすごいことだと思う。

 

余談だがブログを書く以外のことで放置してる趣味をまとめた。

みんなやりかけて放置してある(楽器はしばらく弾いてないだけ)。こういう創作活動の領域でも何を盛って、何を削ぐかで悩むことがある。この難しさって、何にでも言えることなのかもしれない。

 

広告を非表示にする